笑顔の女性と錠剤
公開履歴

日本では、避妊に使われる女性ホルモン剤のことを避妊薬と呼んでいます。
もう一つのピルという名前も広く知られています。
女性の生殖機能をつかさどる、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれており、排卵を抑制する働きがあります。

卵胞ホルモンは女性らしい体を作るホルモンであるため、このホルモンが出ている時は体調が一番良い時になります。
一方、黄体ホルモンは妊娠をつかさどるホルモンであるため、人によっては頭痛や腹痛を起こしたり、イライラしたりします。
このホルモンが際立ち、辛く重い症状が出ることを生理前症候群、PMSと言い、日常生活にも支障が出ます。
二つのホルモンがバランス良くでれば、女性の体に異常は起こりにくいのですが、加齢やストレス、無理なダイエットなどが影響して、バランスが崩れてしまいます。

生理不順の始まりは卵巣の機能が落ちてくる35歳頃から感じ取られます。
なんだか生理周期が遅くなったり早くなったり、量が以前とは違う、と何らかの気になる症状が出始めます。
イライラして仕事や家事が手に付かない、気分がふさぎ込んで何をする気にもなれない等の、更年期の初期症状も見られるようになります。
不快な症状が気になってしまうのは、先ほど述べた卵胞ホルモンが足りなくなるせいで、女性の体調が良い時期が少なくなってしまうからなのです。

最近体調が優れない、疲れやすいなどの症状が気になる方は更年期障害の検査を受けて血液検査を行うと良いでしょう。
足りないホルモンは、補充すれば元気になれますが、その量や副作用も心配です。
そんな時にうってつけなのが、超低用量のピルになります。
ホルモンの含有量がとても少ない安全な薬なので、副作用も少なくなります。
何よりも、薬を飲むと、若い頃のように、はつらつとした元気な毎日を過ごすことができます。
もう妊娠の必要が無いから避妊薬はいらない、副作用が怖い、という先入観は持たず、女性らしくあるためにピルを利用するのも賢い選択と言えます。

記事一覧
閉経後の注意点 2019年08月20日

考えている女性

閉経後の注意点

女性は閉経すると女性ホルモンが少なくなります。 エストロゲンと黄体ホルモンですが、更年期の症状が出たり、精神的に不安定になったりします。 更年期の症状としては、のぼせや発汗、不眠などの自立神経失調症状が有名ですが、抑うつ症状や不安感、疲労感などが出る場合もあります。 閉経後の注意点ですが、大事なのは婦人科や女性外来の受診となります。 婦人科というと足が遠ざかり気味ですが、この更年期の症状を緩和するホルモン補充療法もされています。 私も原因はわからずですが37歳で閉経し、心筋梗塞や脳梗塞、脳の萎縮、骨粗鬆症へのリスクがあるため、ホルモン補充療法を薦められ、現在45歳ですが継続中です。 女性ホルモンには血管を柔らかくしたり、エストロゲンは骨密度を保つのに役割をしていることもわかっています。 お陰様で更年期の症状はありません。 治療法として、私は2種類の薬を使用しています。 エストロゲンは身体にシールを貼り、黄体ホルモンは月10日経口投与しています。 エストロゲンはお風呂で剥がれたり、かゆみが出たり、貼り忘れる方にローションタイプも出ています。 ただし、ホルモン補充療法は乳がんにかかるリスクもあることも判っており、親族に乳がんの方がいるなど、安全性は十分に婦人科の主治医と相談されたほうが良いと思います。 私は叔母が乳がんで亡くなっておりますので、定期的に乳がん・子宮がんの検診をしながらホルモンを補充しています。

2019年08月20日
生理不順から閉経になると

最近では、生理不順に悩む若い女性が多いそうです。 女性の10人に3人が悩まされているという調査結果も出ているのです。 生理というのは、女性の体と心の健康のバロメータとも言われていて、だいたい30日前後の周期で繰り返されるのが正常です。 しかし、不順の人は生理がきても周期が乱れていたり、間隔が長すぎたり、短すぎたりしてしまうのです。 若い人の間では、生理不順になって閉経してしまう人も増加しているようです。 生理不順から閉経になると、いろいろな体の弊害が生じてしまいます。 たとえば、一番は卵巣機能が失われて、妊娠できなくなります。 そもそも妊娠するには、卵巣で「卵子」を育て排卵することが必要です。 しかし、20代、30代前半という若さでも、閉経すると卵巣機能が実年齢以上に衰えてしまいます。 よって、卵を育てることができなくなってしまいます。 また、閉経を迎えると女性ホルモンの分泌がなくなりますので、更年期障害のような症状が起こります。 気分の浮き沈みが激しい、鬱っぽくなる、ほてり、疲れやすい、動悸や耳なり、喜怒哀楽が激しくなる等の症状が現れてきます。 その他にも、早期閉経したままでいると、骨粗鬆症や脳梗塞、脳動脈瘤などが発症する可能性は跳ね上がります。 ですから、生理不順になったら、すぐにお医者さんに診てもらうことをお勧めします。

2019年07月22日
日本人の閉経年齢 2019年07月07日

微笑んでいる女性

日本人の閉経年齢

日本人の閉経年齢は、平均で50歳と言われています。 しかし、これは人によって結構差があって、40歳前半で閉経する人もいますし、50歳後半に閉経する人もいます。 閉経は前もって知ることは出来ないので、過ぎてから気付くことになります。 一般的に、最後の生理から一年程度経過したにもかかわらず生理が来ない場合、閉経であるとされています。 男性の多くは月経や閉経に対して知識が少なく、理解もあまり無いと言われています。 閉経になれば月経の煩わしさから解放されるのでいいだろうと考えることもありますが、女性にとっては精神的にも肉体的にも重要なことです。 女性の多くは閉経すると、自分が女性で無くなったとまで考える人がいると言われています。 また、肉体的にも影響が出てきて動悸やめまいに悩まされることがあります。 いわゆる更年期障害ですが、これは閉経後からなるのではなく、閉経する前後10年位になりやすいものとされています。 閉経はある日突然なるものではなく、徐々に卵巣の機能が低下していき最終的に機能が停止します。 また、早い時期に閉経を迎える人の特徴として挙げられているのが、タバコを吸う人や肉を食べない人であると言われています。

2019年07月07日
生理不順と服用の飲み忘れについて

生理不順とは、女性の生理がなかなか順調にこないことを言います。 たとえば、生理が毎月1度であることが通常ですが、生理不順などの場合には、1度だけでなく2度生理がきてしまったり、もしくは次の月になっても、生理がこない状態であることを言います。 何かの極度のストレスや人間関係の悩みなどによって、このような生理不順になることがあります。 また、合わない薬などの場合には、このような生理不順となってしまうことがあります。 この生理不順をなおすために、薬などが処方されることがあります。 たとえば、婦人科などでこの状態を治すための漢方や薬が処方されることがあります。 その薬を飲み忘れてしまうと、なかなか改善がうまくされません。 薬については、婦人科の先生が、個人の体調を見た状態で、服用をすすめるのかどうかを決めます。 女性ホルモンと関係する事柄であるため、その人の体調などを見ながら服用をすすめるか、すすめないかを決めることがあります。 たとえば、女性ホルモンを出すピルなどは、飲み忘れてしまうと、かえって体調を悪くしてしまうことがあります。 もしくは、飲み忘れたからといって、次の時に2回分を飲んだり、服用をしてしまうと、それでも体調が悪化してしまうことがあります。 そのため、服用については、注意をはらわなければなりません。 注意として、飲み忘れた場合でも、次の時に2回分を飲まないでくださいとしている病院などもあります。 また、ピルケースなどで、きちんと管理が出来るようにと、指導をしている病院もあります。 服用については、水などできちんと飲むことが大事です。 上記のように、飲み忘れてしまった際には、婦人科の先生に相談することが大事です。

2019年09月04日
更年期の生理は出血量が変化する

女性の40~50歳代は更年期と呼ばれる年齢です。 この時期は卵巣機能低下に伴い月経の異常が表れやすくなります。 月経量が多くなったり、期間が長引くなども症状のひとつです。 また、この年齢で起こってくる月経困難症は、子宮の器質的な変化によるものであることが多く、もっとも頻度が高い疾患は子宮筋腫です。 筋腫が出来る箇所により月経過多になることもあります。 筋腫による月経困難症は、排卵と月経が周期的にあるからこそ発症するもので、卵巣は機能しているということになります。 仮に筋腫があっても、閉経後の無月経であれば月経過多や月経痛は起こり得ません。 また、閉経が近いと無排卵月経になりやすくなりますが、重症化はしにくいのが特徴です。 月経過多が長期に渡ると、鉄欠乏性貧血も起こってきます。 この場合、通常の内科で処方される鉄剤服用による治療では間に合わなくなってきます。 閉経が近くても、月経過多の原因が筋腫であるとはっきりしていれば、貧血の程度により外科的な手術が必要と判断されることもあります。 過去に検査をして筋腫はないという結果であっても、月経過多がひどく、期間が長い場合は再度現状をみる検査をすることも検討したほうがよいでしょう。 このように、更年期の生理は出血量が変化するということを念頭において、自己判断はせず必要に応じて検査を受けるなどの対策が必要です。

2019年06月27日